【キャンプレポ】牧の原(まきのはる)キャンプ場(福岡県)

山小屋50人用

こんにちは。
YOSHIAKIです。

今回行ったのは福岡県築上郡にある「牧の原キャンプ場」です。

福岡市天神から牧の原キャンプ場まで、一般道の距離だと約83km。有料道路を使用せずに走ると、約2時間半〜3時間といったところでした。

どんなキャンプ場かというと

TOM
  • 赤と黄色に染まった紅葉の季節に来たくなる
  • 新たに2種類のテントサイトができた

といった感じです。

それでは牧の原キャンプ場詳細を解説していきます。

キャンプ場の基本情報

所在地

福岡県築上郡築上町寒田2005ー2

最寄りのバス停・駅
  • 近くにはありません
YOSHI
えー、どう考えても山奥です。ただ道路は普通に舗装されているので、バイク初心者でも余裕でいけます。(途中、道が荒れてるとかはなかったと思います)

営業期間・休業日

営業期間
  • 通年営業
休業日
  • 7〜8月:無休
  • 上記以外:祝日を除く火曜日・水曜日は休み
  • 年末年始:休み

2022年5月からテントサイトを新たにオープンしたことをきっかけに、テントサイトのみ「通年営業」に変わりました。

山小屋バンガローはこれまで通り「5〜9月」までです。

YOSHI
もみじやイチョウが植えられているので、個人的には秋の紅葉シーズンが人気が出そうなキャンプ場になりそうと思ってます。

料金

区分 基本人数 備考 利用可能時期 基本料金 追加料金
山小屋 30人用 AC付(冷暖房なし) 5〜9月 14,000円 200円 / 人
50人用 AC付(冷暖房なし) 5〜9月 21,000円 200円 / 人
バンガロー 4人用 AC付(冷暖房なし) 5〜9月 3,000円 200円 / 人
6人用 AC付(冷暖房なし) 5〜9月 5,000円 200円 / 人
10人用 AC付(冷暖房なし) 5〜9月 8,000円 200円 / 人
テントサイト フリー 直火OK 通年 700円 / 人
区画 直火NG 通年 1,200円 / 区画
区画 直火NG 10〜3月 1,200円 / 区画

予約方法・予約開始日

予約方法
  • 電話(0930-54-0111)
予約期間
  • バンガロー、山小屋:4/1 11:00~開始
  • テントサイト:利用日の2ヶ月先の1日〜

キャンセル料金

  • 不要

体調不良 ・天候不良など理由であれば、当日に連絡くれてもキャンセルOKだそうです。

YOSHI
優しい〜!

ただし他のキャンパーが予約待ちをしている可能性があるので、キャンセルの連絡は可能な限り、早く行いましょう。

チェックイン・チェックアウト

  • チェックイン:13:00
  • チェックアウト:11:00

キャンプ場の詳細情報

場内マップ

場内マップ

上記画像の中央に流れている城井川(きいがわ)を挟んだ場所に、新しくできたテントサイトの区画エリア・フリーエリアがあります。

ステージ正面の広場エリアのテントサイトは、山小屋、バンガローのオフシーズンに、利用できる秋冬春の限定です。

レンタル品

  • 未確認

ごみ回収

ゴミ袋

管理棟で受付をした際、なんとゴミ袋無料でもらえました。

ゴミ袋

中身は同じゴミ袋が3枚入ってます。燃えるゴミ、缶、ペットボトルみたいに分別をして出せばOKだそうです。

ゴミ袋を広げたサイズ

ちなみにゴミ袋のサイズは、トランクカーゴのロータイプとほぼ同じです。

  • 無料回収
YOSHI
ゴミを持って帰ることを前提に準備してますが、現地でゴミを捨てて帰れると、帰った後のがラクになるのでとてもありがたいですね。

ペット同伴

  • 同伴可

ペットの同伴は可能ですが、福岡県の条例と他の方の迷惑にならないようにリードが必要です。

夜はペットを室内に入れてOKだそうです。

理由は野生の動物が近くまでくることがあるため、ペットが怖がったり、吠えたりするのを防止するためだとか。

焚き火・薪

灰捨て場
  • 区画サイト:直火不可(焚き火台のみ可)
  • フリーサイト:直火可能

テントサイトの端には、赤い缶が置いてあり、そちらに灰捨てを捨てることができます。

薪(杉)
薪(杉)- サイズ大 –
薪(桜)
薪(桜)
薪(杉)- サイズ小 -
薪(杉)- サイズ小 –
  • 針葉樹
    • 杉(大):600円
    • 杉(小):500円
  • 広葉樹
    • 桜:600円

薪は「まちこの里」で購入できます。

ただテントサイトの周辺には、杉の枯れ枝が至る所に落ちているので、15分くらい拾い集めると、ソロ用の焚き火台なら3〜4時間分の薪にはなります。

花火

  • 手持ちのみ可
  • フリーサイトでの花火は未定

フリーサイトは開拓中のサイトでもあり、周りを木々で覆われているため、決められた場所以外で火を使うと火事になる可能性が高いからだと思います。

そこらじゅうに枯れ枝や、枯れ葉が落ちてるので、燃え移ったら大変です。

YOSHI
花火の使用可否については、管理スタッフの方に必ず確認をしましょう。

電波・Wifi

電波状況
  • docomo系:管理棟周辺のみ
  • au系:良好?
  • softbank系:不通

キャンプ場は山奥ということもあり、スマホの電波は皆無です。

唯一使えるのはau系のみ。なぜならすぐ近くに基地局があるから。ただどれくらいの感度なのかは、au回線のSIMを持ってないので分かりませんでした。

YOSHI
地図データは事前にダウンロードしておけば、位置情報で困ることはありません。格安SIMの「LINEMO」では圏外ではないがアンテナは立たない為、Webで調べたり、LINEでチャットを送信できないのは不便だと感じました。

ただデジタルデトックスだと思えば、ある意味、自然と向き合える時間ができて良かったと思う。

施設と設備

管理棟

管理棟

こちらが管理棟ですが、いまは隣にある「まちこの里」で受付をしています。

チェックアウト時にゴミを出す際は、管理棟まで持っていきましょう。分別されたゴミを管理棟で保管して、回収時に出していると思います。

YOSHI
ゴミをそのままにしておくと、野生の動物が食い荒らしにくるからね。

物産館「まちこの里」

物産館「まちこの里」

管理棟の真横に「まちこの里」があります。

YOSHI
早朝に写真撮影したので、まだシャッターが閉まってました。
物産館 物産館

冷えたドリンクとご当地の食材が売られてました。

物産館

お菓子も売ってます。

物産館 物産館

駐車場

場内マップ

区画サイト下の駐車場

区画サイト下の駐車場
区画サイト下の駐車場

トイレ

場内マップ

①サニタリー棟

サニタリー棟
サニタリー棟
サニタリー棟(男子トイレ)

男子トイレ内を撮影しましたが、全体的に綺麗に清掃さえており、清潔感があります。

サニタリー棟(男子トイレ)
YOSHI
トイレは水洗です。

シャワー・風呂

五右衛門風呂

五右衛門風呂
五右衛門風呂

バンガローがあるエリアに「五右衛門風呂」があります。利用時間が90分も利用できるから、かなりゆっくりとお風呂に入れそうですね。

サニタリー棟(シャワー室)

サニタリー棟(シャワー)
サニタリー棟(シャワー)
  • 五右衛門風呂:500円 / 1.5時間
  • シャワー:100円 / 10分間
YOSHI
シャワー室と五右衛門風呂が、室内の様子を撮影することができませんでした。

炊事棟

AC電源

  • なし

自販機

  • なし

テントサイトの詳細

山小屋

場内マップ
山小屋30人用
30人用

広場エリアの真横に30人用の山小屋があります。

山小屋50人用
50人用

50人用の山小屋は、キャンプ場入り口にあります。

ベランダから広場を眺めることができます。

バンガロー

場内マップ
No.1
No.1
YOSHI
No.2だけ撮り忘れてた…
No.3
No.3

バンガローのNo1〜3までは10人用となっています。

No.5
No.5
No.6
No.6

No5~6は6人用のバンガローです。

YOSHI
バンガローは1箇所に集まっていますが、1つ1つのバンガローがちょうど良いプライベートを保てる距離感で建っているし、近くにトイレや炊事場があって便利。

テントサイト(区画)

場内マップ
区画サイト
5月下旬 16:00撮影 快晴

こちらができたばかりのテントサイト(区画エリア)です。

谷側には視界を遮る木々がないため、とても開放感があります。夕方には山沿い(背面の方)に太陽が落ちます。

夕陽が落ちる景色は見れないですが、朝は谷川の方から太陽が上がってくるので、霜が降りて濡れたテントは早くテントを乾かせれるのが良い場所。

TOM
柵を物干し竿代わりに使えそう。

地面は砂利です。一応、バイクで乗り入れてみたところ大丈夫でした。

隙間なく砂利が敷き詰めてはあるので、倒れることはないとは思いますが、念の為、スタンドプレートがあると安心かもしれません。

もし不安な場合は、すぐ下が駐車場になっているので、そちらにバイクを停めましょう。

テントサイト(フリー)

場内マップ
フリーサイト
5月下旬 13:30頃撮影 快晴

こちらも新しく出来たばかりのフリーサイトです。

フリーサイトは綺麗に整地されたエリアと、木の根や石などがロゴロゴしているエリア2種類に分かれてます。

その時の気分やスタイルに合った場所を、キャンプ地をすればいいと思います。先の方は未開拓エリアになるので、あまり遠くには行かない方がいいでしょう。

はちょっと湿り気があります

数日晴れていたので表面の土は乾いているように見えますが、少し掘ると湿り気がある土が出てきます。なのでペグは簡単に刺さる

周辺施設

スーパー

  • なし
YOSHI
キャンプ場の近くにスーパーはありません。物産館でも少しは食べ物も売ってますが、事前に購入しておくことをお勧めします。

入浴施設

  • なし
YOSHI
キャンプ場の近くに銭湯はありません。キャンプ場のシャワーか五右衛門風呂を利用した方がいいと思います。

コンビニ

  • なし

キャンプ場の近くにはありません。一番近くても約18km先にあるセブンイレブンかデイリーくらいです。

まとめ

POINT
  • 2022年5月に2種類のテントサイトがオープン
  • テントサイトは通年営業になった
  • 山奥にあるのでスマホの電波は入らない

新しくテントサイトができたと情報を得たので、速攻で予約して行ってきました。

スマホの電波が全く入らなかったのは予想外でしたが、いかにスマホに時間を奪われているのかを知る良い機会になったと思います。

キャンプ場の雰囲気もよく、手入れも行き届いてるし、ユーザーの意見を参考にして、少しずつ発展させているところが良かった。

また季節を変えてきてみたいキャンプ場でした。

YOSHI
Kindle本を事前にダウンロードしてたのが良かった。電波が通じなくても本を読むことができたので、有意義な時間を過ごせたと思います。
福岡キャンプ場リスト