【佐賀県佐賀市】薪ストーブ『いのり薪』のキャンプ用薪を取材したレポ

いのり薪

こんにちは。
YOSHIAKIです。

今回、取材させてもらったのは、佐賀県佐賀市にある「薪ストーブショップいのり薪」。

佐賀近辺キャンプ用がないかネットで探していたところ、量り売りで薪を販売しているとの情報を得たことから、キャンプの帰りに寄らせていただきました。

YOSHI
それでは詳しく解説します。

薪ストーブショップ『いのり薪』

福岡から三瀬トンネルを抜け佐賀市に向かって走る途中に、「薪ストーブショップいのり薪」があります。平日定休日となっており、週末(土日)のみ営業されています。

店内は色々なメーカーの薪ストーブや、雑貨、アクセサリー等が飾られており、実際に薪ストーブを見て選びたい方に向いてるお店です。

詳細
  • 名称:薪ストーブショップいのり薪
  • 住所:佐賀県佐賀市三瀬村杠290−12
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:月〜金
  • HP:http://inori-maki.jp/

薪の量り売りはしてない?

以前までは、店頭で薪の量り売りとしていたそうですが、現在業務向けの薪の出荷忙しく、一般客の対応が難しいため、店頭販売辞めたそうです。

YOSHI
もう量り売りはしてないとは、とても残念。

詳しく聞いたところ平日は、業務用の薪を割るのにいっぱいいっぱいなんだとか。

この状況になったのは、数年前に「ホームセンターの薪の質が悪いから買いに来た!」とお客さんから言われたことがキッカケ

それなら「ホームセンターの薪の質を上げよう!」と思いアプローチしたところ、いまでは九州各県のナフコなどのホームセンターから注文の依頼が殺到

ピーク時にはウイングトレーラーが何台も来るんだそうです。

YOSHI
ひぇ〜、それは凄い!

束にできないコロ薪・くず薪のまとめ販売

店頭に置いてある薪

店頭で一際目についたのが、「焚付用くず薪」と「コロ薪」です。

どうやらこちら販売用の薪を作る際にでた、出荷できない薪だそうで、どうしても一定量出てしまうらしく、これまで処分してたらしいです。

ただ「処分するのが勿体無いよね」とのことで、実験的に販売をしてみてるそうです。

焚付用くず薪

焚き付け用クズ薪

こちらのWoodbagにギッシリに入ってるのは、焚付時に使うと火がつきやすい「くず薪」。

薪を割る際にどうしても小さな破片が出てしまうので、そちらをひとまとめにして、1袋5,000円(税別)で販売してるそうです。

くず薪
YOSHI
さすがに個人では、これだけの量の焚付用の薪は使いきれないなぁ〜

コロ薪

コロ薪

こちらは「コロ薪」です。

樫(カシ)と他の薪のミックスだそうです。曲がってたり、欠けてたりしてる薪は、ホームセンターで束で販売するには向かないらしく、一定量が出てしまうんだそうです。

YOSHI
僕としては綺麗な薪でなくても全然大丈夫なので、気になりませんけどね。
コロ薪

しっかり乾燥された薪なので、すぐにでも使うこともできる状態なんだそうです。実際に薪同士で叩いてみるとカンカン!よく乾いた甲高い音がしてました。

薪

ちなみにWoodbagの中にある薪は、およそ200kgあるみたい。工場に数袋置いてあるので、その中から選んでもらって大丈夫とのこと。

あとフォークリフトがあるので、トラックにはWoodbagごと載せることは可能。

これだけの量の薪が1袋8,000円(税別)で販売されているとは、魅力的すぎてガチ買いしそうになりました。

YOSHI
どうやって運ぶか、どこに置こうかと、買った後のことをめっちゃ考えてました。それにしても欲しい。

まとめ

POINT
  • 薪の量り売りはやってない
  • 近くだと「旬菜舎さと山」で薪の購入ができる
  • コロ薪のまとめ販売を始めた

どうだったでしょうか。「薪ストーブショップいのり薪」さんで薪の購入をしようと思ったのですが、量り売りはやってなくてとても残念でした。

コロ薪は魅力的なので、マンションのベランダにストックできないかなど、本気で検討してみようかなと思います。(共同で購入しようと言ってくれる人がいたら、やっちゃうかも)

YOSHI
「いのり薪」さんに行かれた際は、3939Campを見たと言ってもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です